2019年 全日本選手権

大会情報 

名称 :2019年全日本チェス選手権 

開催日 :2019年4月29日、30日、5月1日、2日、4日

会場 :「きゅりあん」 品川区立総合市民会館(東京都品川区、JR大井町駅前) 大会議室

形式:40手90分+30分+30秒/手、スイス10R FIDE公式戦

参加者:予選より権利取得者、及びすでにシード権を取っている選手

参加費:20000円

予選通過、およびシード権取得者には4月の初めにメールにて詳細を送ります。メールアドレスの登録がない方には郵送にてお知らせします。

スケジュール:

4月29日 開場   09:00 大会ルール説明等 09:40
       R1  10:00 R2  15:30
4月30日 R3  10:00 R4  15:30
5月1日   R5  10:00 R6  15:30
5月2日   R7  10:00 R8  15:30
5月4日   R9  09:15 R10   14:30 (進行状況により変更の可能性有)
全試合終了後準備が整い次第表彰、閉会式。

連絡先:info@japanchess.org

 

  1. FIDE大会ルール、規則に沿って行う。結果はFIDEレーティングオフィスに送られる。
  2. 10ラウンドのスイス式、タイムコントロールは40手90分+30分、最初の一手目から30秒加算。ペアリングにはスイスマネージャーを使用する。
  3. 組み合わせはFIDEレーティングを使い、FIDEレーティングを取得していないプレーヤーに関しては国内レーティングを使う。FIDE IDを取得していない選手は大会前にオーガナイザーに連絡しIDを取得すること。大会の結果はFIDE、国内両方のレーティング更新に使われる。
  4. Bye申請は大会開始まで受け付ける。事前申請のByeは最終日を除いて0.5ポイント。ただしByeが4回以上、及び試合数7試合以下の選手は入賞の対象にはならない。大会開始後の申請は運営側、アービターの判断により受け付ける。強制Byeは1ポイント。強制Byeは大会を通し一度だけとする。
  5. 棋譜は最後まで記入すること。試合終了後、両プレーヤーがサインをし、勝ったプレーヤーが上の紙をアービターに提出する。ドローの場合は白番のプレーヤーが提出する。サインする前に結果を再確認すること。
  6. タイブレークは次の順で用いる:Direct encounter (同ポイント同士内での直接対決) 2.Buchholz Cut 1( 一番レーティングの低い対戦相手を除いた全ての対戦相手のポイントトータル数) 3. Buchholz (対戦相手のポイントトータル数)4. Sonneborn-Berger (勝った相手のトータルポイントとドローを取った相手の半分のポイントを足したもの)5. Sum of the rating of the opponents (対戦相手のレーティングのトータル)
  7. 試合開始後30分をデフォルトタイムとし、その試合は不戦勝、不戦敗となる。レーティング変動はない。(30分遅刻で負け)
  8. 携帯電話等の電子機器は電源を切ってカバンにしまう。ポケットにしまうなど、身につけていないこと。携帯などが入ったカバンの持ち出しも禁止。発見された場合、そのプレーヤーはその試合において即負けとなる。レーティング変動あり。
    見学者、及びすでに試合を終えたプレーヤーにおいても試合会場内での携帯などの使用は禁止。
  9. 試合開始から10分間は写真撮影可能。見学者のみ最初の10分間のみ携帯電話での撮影も可。10分以降は見学者も会場内での使用禁止。
  10. 無連絡で試合に参加しなかったプレーヤーは次のペアリングに組まれない。2試合連続で無連絡の場合はペアリングリストから外し、不参加とする。
  11. 表彰はタイブレークを用いる 1位:楯と賞金5万円 2位:楯と賞金3万円 3位:楯と賞金1万円 4位:楯と賞金1万円