NCS Sunday Cup 2021

昨年行われたNCSのオンラインラピッドが「サンデーカップ」となって5月からスタートします!

大会日時

オープン予選

(後述(1)、(2)の選手以外)誰でも参加可能

  • Open1: 5⽉ 9⽇(⽇)
  • Open2: 5⽉23⽇(⽇)

グランプリ予選

(1)、(2)、(3)の招待選手のみ

  • GP1: 6⽉ 6⽇(⽇)
  • GP2: 7⽉11⽇(⽇)
  • GP3: 8⽉22⽇(⽇)
  • GP4: 9⽉12⽇(⽇)
  • GP5: 10⽉17⽇(⽇)
  • GP6: 11⽉14⽇(⽇) 
    *7月のGP2以降試合中はZoomによりライブカメラを使用すること

グランドファイナル

  • 12⽉19⽇(⽇)

大会概要

形式

  • 1日5ラウンド、持ち時間15分+10秒/⼿
  • 各ラウンド間に10分間の休憩を設ける
  • R1 – 13:00, R2 – 14:00, R3 – 15:00, R4 – 16:00, R5 – 17:00
  • lichess.org あるいは Chess.com (グランドファイナル)
  • オンライン・ラピッド戦

グランプリ予選ラウンドの招待選手20名の構成

(1) NCS Rapid Online Championship 2020 決勝進出の 6名
(2) 2021年4⽉1⽇発表のNCSレーティング上位順で参加希望の8名(辞退の場合8名まで繰り下がる)
(3) オープン予選を勝ち上がった 6名

参加費

出場回数に関わらず、参加費は1000円 ((1)の選手を除く)。
参加費は出場する予選の開始前までに振り込むこと。
振込先について」を参照

申し込み方法

上記の(1)以外のNCS会員は4月末までにregistration@japanchess.orgにメールにて参加申し込み。申込者よりレーティング上位に当てはまる参加者はグランプリ予選より参加となる。

賞⾦

  • 予選ラウンド 1位3000円 2位2000円 3位1000円
  • 決勝リーグ (総額6万円以上)

オープン予選について

  • (1) と (2) の招待選⼿計14名は (3) のオープン予選開始前に決定し、公表する(招待選手リストは本ページ最下部に記載)。
  • オープン予選は(1)、(2)の招待選手以外のNCS会員なら誰でも参加できる。
  • オープン予選を2回⾏い上位3名ずつ計6名の追加する招待選手を決定する。
  • 1回⽬のオープン予選で招待選手になったプレーヤーは2回⽬のオープン予選には出場できない。
  • ここまでに決まった20名以内の選手により6回のグランプリ予選を⾏う。
    (タイブレークは1番(TB1)がlichessのタイブレーク、2番(TB2)はNCS ratingとする)

グランプリ予選について

  • 予選の順位に応じて参加によりGPポイントを獲得する。
    1位: 10GP, 2位: 7GP, 3位: 5GP, 4位~5位: 3GP, 6~7位: 2GP, 他:1GP
  • 全6回の予選のうち3つのベストGPの合計上位6名がグランドファイナルに進出する。
    (GPポイントのタイブレークは1番(TB1)が3つのベスト勝ち点合計、2番(TB2)が3つのベストTB合計)

グランドファイナルについて

  • 6名によるラウンドロビントーナメントを行う。
    (タイブレークはチェスコムのTBが1番(TB1)、グランプリ予選抜け順を2番(TB2)とする)
  • 優勝者には全日本オンラインラピッドチェスチャンピオンのタイトルを授与する。

その他注意事項

チーティング対策

  • lichess.orgよりチーティングと判断されたプレーヤーは、理由の如何を問わずその結果を取り消す。
  • 悪質なチーティングが発覚した場合は、⼤会運営チームが協議して処分を決める。

ライブ配信について

  • ⼤会の模様はNCSのYoutubeチャンネルでライブ配信される。
  • 参加するプレーヤーは配信やSNS等で実名が公表されることに同意しているものとする。

その他

  • 賞⾦の配布は大会終了後約1ヶ⽉経過した後から⾏う。

グランプリ予選招待選手リスト