チェスの歴史

 チェスの起源は今も謎です。これまで4人制のチャトランガというサイコロを使うゲームがチェスの起源と言われてきました。国内で出回っている情報は引用、コピーが多く、日本では未だに4人制チェス起源説が取り上げられますが、最新の研究では2人制チェス起源説が主流のようです。
 20世紀末、考古学上の新発見が多くなされ、これまでの資料を再検討した後で出た結論は「四人制起源説は、新たな資料の下では充分な説得力を失っている」ことだそうです。(増川宏一著、『チェス』2003年、法政大学出版局)6世紀のインド北部(カナウジ)で2人制のチェスが盛んだったことは確実で、少なくともそのころには原始チェスが古代インドで行われていたようです。

カナウジ出土の駒 650~750年
(増川宏一著、『チェス』2003年、法政大学出版局)

 その後、10世紀頃にインドからササン朝ペルシアに2人制原始チェスが伝えられたことは多くの文献に残っています。アラビアで原始チェスは盛んにおこなわれ、発展しました。

10世紀頃にペルシャの宮殿で行われたチェスが描かれた14世紀頃の写本
(@Wikipedia “History of chess”)

 チェスはその後、アラビアから中国、日本などへ伝わり、それぞれのローカル・チェスに姿を変えました。将棋とチェスは祖先が同じゲームだと言われています。一方、アラビアからヨーロッパに伝わったチェスは15世紀頃に現ルールが完成し、発展しました。その時期に書かれた書物で現代にも通用するレベルのものがあります。

ルイジ・ムッシーニによって1883年に描かれた1575年頃スペインの宮殿で行われたチェスの絵
(@Wikipedia “Il Puttino”)

 19世紀には初の世界選手権が行われ、シュタイニッツが初代チャンピオンになっています。世界チェス連盟が発足したのは1924年、アジアで生まれ、ヨーロッパで発展したチェスが本格的に世界文化に成長し始めます。

 特に当時の社会主義国でチェスが推奨され、ロシア(旧ソ連)ではルールを知らない国民がいないくらいでした。世界選手権はロシア人の独占状態の中、それを打ち破ったのが米国の一匹狼ボビーフィッシャーです。彼は1972年ロシアから世界王者の座を奪取しました。これは当時世界を2分していた米ソ両大国の頭脳決戦と言われて大いに話題になりました。フィッシャーの勝利は西側諸国にチェスが流行するきっかけとなったものです。


ボビーフィッシャー
(@Wikipedia “Bobby Fischer)

 フィッシャーはその後チャンピオン在位のまま失踪。しかし、突然入国管理法違反により2004年に日本の成田で発見されて投獄されました。日本チェス協会の渡井さん、将棋の羽生さんらの尽力により、フィッシャーは釈放され、世界選手権を戦ったアイスランドへ亡命。2008年、その地でミステリアスな生涯を終えました。

 今や、チェスは洋の東西を問わず盛んになり、南米、アフリカ諸国、イスラム圏にも広がり、195か国が世界チェス連盟に加盟するほどの興隆を見せています。またインターネット時代、AI時代になってもさらに普及が進んでいます。

 

(文:山田 明弘)