2022年全日本選手権シード選考基準 改訂2版

2022年全日本チェス選手権のシード選手として以下の者を選考する

  1. 全日本チェス選手権2021の上位5名と、女子、ジュニア、シニア上位各1名
  2.  全日本ラピッドチェス選手権2021の上位1名
  3. 全日本学生チェス選手権2021年(後期)の上位2名
  4. 全日本女子チェス選手権、全日本シニアチェス選手権2021の上位各2名
  5. 全日本ユースチェス選手権のU18, U16, U14のカテゴリー上位各1名
  6. ジャパンチェスクラシック、ジャパンオープン上位各 5名 10名、および女子、ジュニア、シニア上位各1名
    ※以上1から6までにおいて日本チェス籍でない者が優勝した場合、日本チェス籍上位1名も選考される 
  7. 2022年1月発表のNCSレーティングの上位 20名
    (ただし、上記1から6までに選考された者を除くアクティブ・プレーヤー(註1)のみを対象とする)
  8. チェスオリンピアード2020日本代表
  9. 地区予選2022において参加6名につき1名(端数切り上げ)の上位者をシード選手とする
    例えば、~6名なら1名、7-12名なら2名、13-18名なら3名など
    予選主催者が参加者から地元枠(註2)として1名を推薦できる(辞退者1名につき1名まで繰り下げを許す)

※上記選考対象者は大会中NCS年会員だった者とし、1大会会員は除く

(2021年9月19日更新)


註1 アクティブ・プレーヤーとは過去2年間で 2019年3月から NCSスタンダード・レーティングを4回以上更新した者とする

註2 地元枠とは各地区予選開催者が地区代表にふさわしいと認めた者

参考

全日本選手権シード選考基準